サブカテゴリー

PR:

「原発事故で死者なし」高市氏 発言を釈明「話が下手だった」

 自民党の高市早苗政調会長は17日、神戸市で講演し、原発政策について「(東京電力)福島第1原発で事故が起きたが、それによって死亡者が出ている状況ではない。最大限の安全性を確保しながら活用するしかない」と述べ、停止中の原発の再稼働に意欲を示した。高市氏は18日、話が下手だったなどと釈明したが、野党は「政調会長と政治家を即刻辞めるべきだ」(みんなの党の江田憲司幹事長)などと一斉に批判した。

 政府、与党は参院選や東京都議選への影響に懸念を深めた。

 高市氏は18日「誤解をされたなら、しゃべり方が下手だったのかもしれない」と、国会内で記者団に説明。さらに「(死亡者がいないから)再稼働するなんて考え方は、そもそも持っていない。死者が出ていないことと再稼働をつなげた話ではない」とも強調した。

 公明党の山口那津男代表は「今なお故郷に帰れない方々が大勢いる中、被災者に共感を持たなければならない」と苦言を呈した。

 一方、民主党の細野豪志幹事長は原発事故による避難生活中に死亡して震災関連死と認定された人が多くいると指摘。国会内で記者団に「この重さを理解できない人は政権を担う資格がない。事実をないがしろにしたまま原発政策を進めることは福島県民への裏切りだ」と酷評した。

 日本維新の会国会議員団の松野頼久幹事長は会見で「被害に遭った方々の感情を逆なでしている」と問題視した。

 菅義偉官房長官は午後の記者会見で「政治家は誤解されることのないよう、それぞれ個人が気を付けないといけない」と慎重な対応を要請。ただ「(発言の)前後を見れば高市氏の意図と違って報道されているのかなと思った」と擁護し、高市氏への注意は考えていないとした。

[ 2013年6月18日 12:27 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス
        スペシャルコンテンツ