サブカテゴリー

PR:

一眼レフ、大幅縮小へ オリンパス、カメラ再建策

 オリンパスは12日、製品群の縮小を柱とするデジタルカメラ事業の再建策を、今春策定することを明らかにした。デジタル一眼レフカメラ事業を大幅に縮小するほか、高性能カメラ付きスマートフォン(多機能携帯電話)の普及で苦戦している小型デジカメも一段と絞り込む。巨額損失隠し事件を受けて事業の再構築を進める中、さらに追加のリストラに踏み込む。

 デジカメの不振を受け、2013年3月期の連結業績予想を同日、下方修正。売上高は従来予想比170億円減の7400億円、純利益も20億円減の60億円とした。

 デジカメを中心とする映像事業は営業損益が160億円の赤字と3年連続で損失を計上する見通しだ。12日の記者会見で竹内康雄取締役専務執行役員は「映像事業の回復は喫緊かつ重要な課題で、さらなる構造改革の検討を進める」と語った。

 デジカメの12年4〜12月期の販売台数は前年同期比約28%減の480万台となり、13年3月期も従来見通しより110万台少ない620万台へ下げた。レンズ交換が可能で小型軽量化したミラーレス一眼カメラは最重点分野と位置付け、新製品などを投入する計画。

 同時発表した12年4〜12月期連結決算は純損益が76億円の黒字と、前年同期の330億円の赤字から転換した。資本・業務提携したソニーからの出資受け入れに伴い、財務の健全性を示す連結自己資本比率は12年末で9・7%に改善した。

[ 2013年2月12日 18:55 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス
        スペシャルコンテンツ