サブカテゴリー

PR:

大雪「成人の日」 事故、負傷、欠航…首都圏大混乱

大雪の「成人の日」 雪の中を歩く観光客ら
大雪の中、鶴岡八幡宮の境内を歩く観光客ら
Photo By 共同 

 急速に発達した低気圧の影響で、関東甲信と東北の太平洋側は14日、広範囲で雪となった。東京都心など首都圏でも積雪があり、交通機関が混乱。各地で転倒や車のスリップ事故が相次ぎ、成人式に出席した振り袖の女性が足元を気にしながら歩く姿も目立った。

 気象庁によると、14日夕までの最大積雪は、山梨県富士河口湖町43センチ、仙台市17センチ、福島市16センチ、埼玉県秩父市14センチ、横浜市13センチ、東京都心(大手町)、千葉市8センチなど。東京都心と横浜市は初雪だった。

 低気圧は発達しながら本州の南海上を進み、西・東日本の広範囲で沿岸部を中心に風も強まった。長崎県の雲仙・普賢岳で最大瞬間風速34・1メートル(1月として観測史上最大)を記録した。

 国土交通省によると、羽田空港では除雪作業のため、4本ある滑走路のうち2本を一時閉鎖。羽田発着便を中心に400便以上が欠航となった。成田空港でも除雪のため滑走路2本のうち1本を一時閉鎖した。

 JRによると、東京発の東北新幹線や上越新幹線に最大約50分の遅れ。東海道線などが一時運転を見合わせた。中日本高速道路によると、中央自動車道や長野自動車道の一部で通行止めとなった。

 転倒や車のスリップ事故も相次いだ。午前8時45分ごろ、宮城県利府町の県道で、秋田県立横手清陵学院高校(秋田県横手市)の陸上部員ら23人が乗ったバスが左にそれて山の斜面に衝突、男子生徒3人が指の骨を折るなどのケガをした。塩釜署によると、現場は片側1車線の直線で雪が積もっていた。

 東京消防庁によると、午後3時現在、40代の男性2人と70代の男性1人の計3人が転倒により軽傷を負った。共同通信のまとめでは、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県で雪により転倒するなどしてケガをした人は、少なくとも210人を超えた。

 気象庁は14日未明まで「都心での積雪の恐れは小さい」と予想していたが、午前10時20分ごろに初雪を観測後も雪が降り続け、同41分に東京23区に大雪注意報を発表。同庁は「気温が予想より大幅に低くなったため」と釈明している。

 大雪の「成人の日」となり、東京都墨田区の成人式に参加した大学1年生八木翔子さん(20)は「振り袖を着ているので大変だったけど、久しぶりに中学の友達に会えたから」と笑顔だった。

[ 2013年1月15日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス
        スペシャルコンテンツ