サブカテゴリー

PR:

秋田新幹線新型車両は「スーパーこまち」 マークは小野小町

 JR東日本は6日、2013年3月に秋田新幹線に導入する新型車両「E6系」の列車名を「スーパーこまち」に決定したと発表した。最高時速が現在の275キロから300キロに上がるため、E3系の「こまち」とのスピード感の違いを表したという。

 同時に車両のマークも発表。平安時代の歌人、小野小町をイメージしたデザインで、赤と銀色の曲線で女性の髪が風になびく姿を表現した。

 スーパーこまちは13年3月に東京―秋田間を1日4往復で運転を開始する。下り列車の所要時間は最速で現行より5分短い3時間45分。時速300キロで運転するのは宇都宮―盛岡間となり、14年春に320キロに引き上げる計画だ。

 特急料金は、東京―秋田間の場合で現行よりも片道500円高くなる。

 JR東日本の冨田哲郎社長は「新型車両の導入によって航空機との競争で優位性を高めることができる」と話した。

[ 2012年11月6日 17:24 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス
        スペシャルコンテンツ