サブカテゴリー

PR:

「プラチナバンド」ソフトバンクに割り当てへ 利用者急増を考慮

 総務省が、携帯電話に使う周波数900メガヘルツ帯の電波を、新たにソフトバンクモバイルに割り当てる方針であることが29日分かった。同日午後の電波監理審議会に諮問し、決定する見込み。

 900メガヘルツ帯は、電波が遠くまで届きやすいことから価値が高い「プラチナバンド」と呼ばれる。総務省が1社への割り当てを計画したのに対し、携帯大手4社の全てが手を挙げていた。

 ソフトバンクの携帯は、他のプラチナバンドを利用しているNTTドコモやKDDI(au)と比べ「つながりにくい」とされてきたが、今回の周波数獲得によって電波状態が大きく改善する可能性がある。ドコモ、auとの競争が一段と激しくなりそうだ。

 業界3位のソフトバンクは、米アップルのiPhone(アイフォーン)を他社に先駆けて国内に導入したことなどで利用者が急増。契約数は1月末時点で約2806万件と業界2位auの3447万件に迫る。ソフトバンクが使用する電波帯は逼迫の度合いを増しており、今回の周波数割り当てでは、こうした点が考慮されたもようだ。

 大手4社の中でプラチナバンドを持っていないのは、ソフトバンクとイー・アクセス(イー・モバイル)だけで、今回は事実上、この2社の争いとみられていた。

[ 2012年2月29日 10:59 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス
        スペシャルコンテンツ