サブカテゴリー

PR:

制服姿で体育座り2000円…JK見学クラブ摘発

「女子高生クラブ」を摘発 保護される少女ら
一斉摘発を受けた「女子高生見学クラブ」から保護される少女ら
Photo By 共同 

 警視庁は22日までに労働基準法違反(年少者の危険有害業務の就業制限)の疑いで、都内の「女子高生見学クラブ」4店舗を一斉に家宅捜索。18歳未満の少女を働かせていたとして同法違反容疑で、東京都江戸川区西小岩の「JK・ドリーム」店長久保淳容疑者(49)=江東区亀戸=ら2人を逮捕した。女子高生はマジックミラー越しに客に下着姿を見せ、追加料金3000円でTバック姿になるなどしていた。

 家宅捜索を受けたのは「JK…」のほか新宿区、渋谷区、千代田区の3店舗。警視庁は計32人の少女を保護。うち24人が現役の女子高生だった。

 久保容疑者らの逮捕容疑は昨年6〜7月、下着をのぞき見させる店舗で当時17歳だった高校3年の女子生徒2人をアルバイトとして働かせ、有害な業務に就かせた疑い。久保容疑者は「学生証で高校生と確認していた」と容疑を認め「週刊誌などで(この商売が)話題になりはじめていたので、そろそろ手入れが入るかと思っていた」と話している。同容疑者の店舗には約80人の少女が在籍していたとみられ、時給は900円程度だったという。

 警視庁によると「女子高生見学クラブ」は、都内で少なくとも10店が営業。ほとんどは、3000円ほどの入店料を支払った客が1畳ほどの個室に入り、マジックミラー越しに、制服姿で大部屋でくつろぐ女子高生を見るシステム。女子高生は番号や名札を付けており、客は気に入った女の子を指名。「体育座り」10分間で2000円、「Tバックに着替え」で3000円などのオプションをリクエストできる。指名やオプションで女子高生にはキャッシュバックがあり、大開脚してマジックミラーに局部やおしりを押しつけるなどの“アピール”をしていたという。

 久保容疑者らの店は「本物の女子高生をデッサンできます」などのうたい文句で集客。男性客への性的サービスがない“非ヌキ系”のため風俗営業法の規制対象外。警視庁では「女子高生を使って客に下着を見せる行為はいかがわしい接客業に当たり有害な業務」として、労基法第62条の「満18歳に満たない者を安全、衛生又は福祉に有害な場所における業務に就かせてはいけない」の細則を適用した。

 「JK…」が入店しているビル1階の飲食店従業員によると、半年ほど前から店舗前に女子高生が自転車をとめる姿が目立ちはじめた。客と思われる男性は携帯電話で何かを確認した後、店に入っていったという。従業員が久保容疑者とみられる関係者に「どんな店?」とたずねると「違法なことはしてません」と答えていたそうで「逮捕報道で初めてどんな店か知りました」と話した。

[ 2012年2月23日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス
        スペシャルコンテンツ