サブカテゴリー

PR:

芥川賞に円城塔さんと田中慎弥さん 直木賞は葉室麟さん

芥川賞に円城塔さんら2人 受賞の3人
直木賞に決まった葉室麟さん(左)、芥川賞に決まった田中慎弥さん(中央)と円城塔さん
Photo By 共同 

 第146回芥川、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は円城塔さん(39)の「道化師の蝶」(群像7月号)と田中慎弥さん(39)の「共喰い」(すばる10月号)、直木賞は葉室麟さん(60)の「蜩ノ記」(祥伝社)に決まった。

 円城さんは札幌市生まれ。ウェブエンジニアなどを経て作家に。受賞作は、言葉とは何かを問う実験作。東京都内で開かれた記者会見で、円城さんは「多くの方に読まれる芥川賞には足りないと言われると思っていた。(選考は)大胆な決断だったのでは」と話した。

 田中さんは山口県生まれで、三島由紀夫賞などを受けた実力派。受賞作は、田舎の町で繰り広げられる性と暴力を描いた。過去4回の候補で落選していた田中さんは、似た境遇の米女優の「私がもらって当然」という言葉を引いて「大体そういう感じです」と語った。

 葉室さんは北九州市生まれ。新聞記者を経て作家に。受賞作は、幽閉された郡奉行と若い武士の交流を描いた時代小説。葉室さんも5回目の候補での受賞。「(結果を待つ)プレッシャーは大きかったので、ほっとした」と喜びを語った。

 芥川賞選考委員の黒井千次さんは円城作品について「サイエンスの論理にも言及しながら、フィクションを創り出そうとしている」と語り、田中作品を「世界や人物をきっちり描いている」と評価した。直木賞選考委員の浅田次郎さんは「(葉室作品は)デッサン力があり、安心して読める」と述べた。

 贈呈式は2月中旬、東京都内で開かれる。賞金は各100万円。

 ▽円城塔さんの話 まだまだ直さなければならないところも多いが、自分がやりたいものができた。内容が難しくてよく分からないという方がいらっしゃるのは私の力不足。より多くの人に読んでもらうようにいろいろ考えて精進していきたい。

 ▽田中慎弥さんの話 (受賞は)当然だから当然。(受賞しても)特に気持ちは変わらない。スタイルも今まで通りと思う。母親から「良かったね。おめでとう」と言われた。

 ▽葉室麟さんの話 還暦を迎えて残りの人生を考えるようになった。そんな自分の思いを受賞作に込めた。読者からの反応がこれまでとは全く違った。思いが読者に伝わっている実感があり、この作品で受賞できてとてもうれしい。

[ 2012年1月17日 19:23 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス
        スペシャルコンテンツ