サブカテゴリー

PR:

東電経営陣同席せず…「把握していない」無責任会見

東日本大震災

東日本大震災 東電が記者会見
福島第1原発の状況について、慌ただしく記者会見する東京電力の担当者
Photo By 共同 

 福島第1原発で放射性物質の拡散が強く懸念される事態となり、東京電力は15日、東京都千代田区の本店で記者会見した。担当者らは「社会の皆さまに大変な心配とご迷惑をおかけし、おわび申し上げます」などと謝罪したが肝心の事実関係はあいまいなまま。経営陣は姿を見せず、責任感のなさをあらわにした。

 東電の広報担当者が青ざめながら会見場に来たのは、爆発音が確認されてから2時間以上が経過した午前8時半すぎ。「圧力容器は無事か」「放射性物質の拡散は」。報道陣の質問に、顔を見合わせながら「何らかの異常」「把握していない」と答えるのみで、はっきりした説明はなかった。

 爆発に伴い、作業員が退避した理由は「放射性物質を避けるため」と明言したが、住民の安全確保を問われても「状況に応じて避難区域を拡大する可能性がある」と言うだけ。「そんなに悠長でいいのか」と指摘されると「現地の詳細な情報がない」と口をつぐんだ。

 午前11時から始まった4号機の火災についての会見には原発関連部署の課長がようやく出席したが、首相官邸の情報に比べ質、量とも不十分。資料の束をめくり「確認させていただく」と繰り返す場面もあった。

 ≪細川厚労相も批判「対応はちぐはぐ」≫細川律夫厚生労働相は15日の会見で「東電の対応はちぐはぐで、しっかりした対応が取られてこなかった」と述べ、実施時期や区域について迷走した東電の判断を批判。「早くからきちんとやれば、私たちもいろんな準備ができた」と述べ、実施発表が前日夜で、その後情報を二転三転させた東電に不満をぶつけた。

 江田五月法相は会見で、政府と東京電力が設置した「福島原発事故対策統合連絡本部」について「現場から東電の関係部局や中枢を経由して政府へというやりとりをしたり、現場や上司に聞いてみないと(分からない)では間に合わないので、機動性を取った対応だ」と説明した。

[ 2011年3月16日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス
        スペシャルコンテンツ