サブカテゴリー

PR:

「どうなっているんだ!」菅首相 早朝東電に怒鳴り込み

東日本大震災

東日本大震災 東電に入る菅首相
「福島原発事故対策統合連絡本部」を設置した東京電力本店に入る菅首相
Photo By 共同 

 原発事故が相次いだことをめぐり、菅直人首相が15日、東京電力へのいらだちを爆発させた。

 「一体どうなっているんだ」。15日午前5時40分、記者団に「陣頭指揮を執る」と強調して、東京・内幸町の東電本店に乗り込んだ首相は、徹夜作業が続く大勢の東電社員の前で叱責(しっせき)。怒鳴り声は部屋の外まで聞こえた。12日の1号機での爆発に触れ「テレビで放映されているのに官邸には1時間ぐらい連絡がなかった」と、まくし立てた。

 本来なら幹部を官邸に呼びつける立場なのに、早朝の会議に自ら出向く異例の行動。強い口調で「(事故の対応をするのは)あなたたちしかいないでしょう」「覚悟を決めてください。(原発から職員が)撤退したときには、東電は100%つぶれますよ」などと続けた。

 東電の対応ぶりが事態悪化を招いたとの不信感を強めた官邸は、東電本店に「統合連絡本部」を設置。事故対応で東電を“政府直轄”とし目を光らせる構え。ただ、一連の政府対応が後手に回った原因を東電に押し付ける格好にも映り、首相対応への疑問も出ている。

 官邸側に不満が募っているのは事実。東電は2号機への海水注入がポンプの燃料切れで滞るなどミスも露呈。枝野幸男官房長官が東電に依拠して会見で「念のための避難」「大規模爆発の可能性は相当低い」と説明した内容が、結果的に見通しの甘さにつながったとされる。

 官邸関係者は「普段は下請け企業に原発を任せている東電社員は実地を分かっていない」と指摘。首相に原発での自衛隊対応を要請された北沢俊美防衛相は「必要があれば自衛隊で対応するが、その前に東電としてやることがあるのではないか」と苦言を呈した。

 連絡本部設置に経済官庁幹部は「これまでは東電がいちいち官邸の決裁を仰がねばならず、意思決定が滞った」と歓迎する。しかし一方では、結果的に東電の楽観的な見通しに引きずられ、危機管理が遅れると懸念する声もある。

 ≪自民石原幹事長「適切な措置ではない」≫自民党の石原伸晃幹事長は15日の記者会見で「首相が民間企業に出向けば、その相手をする人の時間を割く。適切な措置ではない」と述べた。同時に「首相は官邸の危機管理センターで陣頭指揮を執るべきだ。そこで情報収集するのがわが国の危機管理の在り方だ」と指摘。これに先立つ党役員会でも、首相の東電訪問は危機管理上問題があるとの意見が相次いだ。

[ 2011年3月16日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス
        スペシャルコンテンツ