サブカテゴリー

ホビー&ライフ リカー&グルメ ファッション チャレンジライフ

風呂は好きだけれども、それは温泉や健康ランドに食指が動くのであって、家の風呂に興味を持っているわけでは決してない。そんな働き盛りの男性も多いことだろう。同じ風呂なのになぜだろう? とにかく家の風呂ではカラスの行水のごとく、ザブンとひとっ風呂浴びて、あっという間にあがってしまう。小さな子どもがいる家庭においては、たまの早い帰宅時ともなれば、"子ども同伴入浴"の指令が奥様から降りてくるに違いない。もちろん、子どもと過ごす時間はかけがえのないものだから…と、これまたゆっくり浴槽につかることはできない。
「結局、働き盛りの男性がお風呂に求めているのは、"癒しの時間"であることは間違いないのですが、従来のご家庭のお風呂では現実問題として、それを実現するのは難しいということなのでしょう」と指摘するのは、パナソニック株式会社の浜田広大さん。近年では自宅をリフォームする人が増えているというが、まずは奥さん主導でキッチンや居住空間の計画が進められ、そして最後に"じゃあ、お風呂くらいはパパが決めて"とお鉢が回ってくるパターンが多いという。だから浴室をリフォームするときに"リラックス"や"快適性"という表現がキーワードになるのだ。
「ここ10数年の間に家庭用のユニットバスは大きく進化を遂げています。働き盛りの男性に刺さる機能やデザインが揃っているため、みなさん驚かれていますよ」
いわゆる、決まったスペースに既定サイズの浴室をはめ込む、従来のユニットバスのイメージとはかなりかけ離れたものになっている。もちろん、予算次第ではあるが、まるで一流ホテルの浴室のような人造大理石を配した空間を実現することもできる。確かに、カタログを眺めていると、男としてはかなりそそられるものがある。
「今までは、使い勝手や機能性というものが重視されていましたが、現在はデザインはもちろん、調光・調色が可能な照明など選択肢が豊富かつ多彩になり、上質な空間選びが、ユニットバスでも可能になっているのです」

さらに気持ちの良い"仕掛け"もオプションとして用意されている。頭の上から滝のように降ってくるシャワーにも惹かれるが、注目すべきは"酸素美泡湯"というオプション。浴槽に張ったお湯に酸素を含んだ泡を注入する"ジェットバス"の一種だが、従来のモノとは違う、微細な泡に秘密が隠されているという。
「靄(もや)と霧の中間、約18ミクロンという微細な泡が身体に付着。通常のお湯は肌に接した時点で冷めてしまうのですが、この酸素を含んだ微細な泡が浴槽内を循環し、常に温かいお湯が身体の周囲にまとわりついている状態になります。そのため、ぬるめの湯、約39℃であっても、41℃の湯と同じような温まり方が実感できるのです」
しかも、この小さな泡はけっこうな存在感がある。浴槽に手を入れてみると、その泡の勢いが肌に心地よい。
「最新モデルでは、この酸素美泡湯の吹き出し口に専用のオイルを仕込んで、さらに身体に潤いを与える機能が追加されました。通常ではオイルとお湯は分離するものですが、ポンプの中で撹拌するため分離することなく、全体にオイルがいきわたります」
浴槽に身を沈めただけでオイルが全身を包み込むので、自分一人では塗ることができなかった背中にもしっかり行きわたらせることができる。ボディオイルの類は女性向けのビューティー製品だと決めつけてしまってはもったいない。我々のような中年男性だって、この季節になれば肌のカサカサ感に悩まされることだってある。俗説によれば、肌が乾燥すると表面に脂分が染み出し、それが加齢臭の原因にもなるという。ボディオイルを塗るのは面倒だけれども、お風呂に入るだけでケアができるのであればありがたい。
「今さら言うまでもなく、浴槽に使って身体を温めるのは健康上好ましいということは誰もが認識しています。ところが熱い風呂にざっと入るだけでは、身体の芯から温まることはありません。熱い湯が苦手な人でも39℃程度のぬるい湯であれば無理なく長湯ができますし、泡の感触も心地よくリラックスできます。15分ほど浸かれば、しっかり体の芯まで温まって、湯から上った後、ポカポカした状態を保つことができます」

「上質な浴室空間をお楽しみいただきながら、酸素美泡湯でリラックス。とても贅沢な気分が味わえます」と語るパナソニック株式会社の浜田広大さん

良い風呂が自宅にあれば、毎日の生活が変わる。一刻も早く帰宅して楽しみたいと思うだろうし、酸素美泡湯は奥さんも喜ぶ。それをチョイスした旦那の株があがるのは間違いない。
「働き盛りの男性にとってお風呂はマインドフルネス、いわゆる"瞑想"に最適な空間です。ゆっくりリラックスして明日への英気を養っていただきたいと思います」
実は浴槽のリフォームは、給湯器交換のタイミングで行われることが多いという。給湯器の故障は突然にやってくるし、お湯が出ないと困るので、待ったなしの状態になる。それに備えて、しっかり情報収集をしておいた方がよさそうだ。
「まずは、私どものショウルームにお越しいただければと思います。無料でプランニングや概算見積もりも可能です。こちらで販売を行っているわけではないので、その後、営業電話が入ることも一切ないので、安心して気軽にお越しください」
まずは、最新のバスルーム事情をチェックして、"こんなに進化しているのだ!?"と驚くだけでも楽しい。来年こそは、自宅風呂の大改造に乗り出してみてはいかがだろうか。

■取材協力
パナソニック株式会社
http://sumai.panasonic.jp/
パナソニック リビング ショウルーム
http://sumai.panasonic.jp/sr/

■取材協力

パナソニック株式会社
http://sumai.panasonic.jp/
パナソニック リビング ショウルーム
http://sumai.panasonic.jp/sr/

 

プロフィール 【伊藤秋廣(A.I.Production)】
年間300人超の実績。ビジネスパーソンからドクター、アスリート、文化人、タ レントまで幅広く対応するプロ・インタビュアー。対話の中から相手 の“哲学” を引き出す力に定評あり。ライティング専門プロダクション 「A.I.Production」を運営する。
http://www.a-i-production.com/

 

【楽天】オススメアイテム
クイックアクセス

このページの先頭に戻る ▲