サブカテゴリー

ホビー&ライフ リカー&グルメ ファッション チャレンジライフ

そういえば、最近、タオルってどうしていたろう。どこで購入した、どんなものを使っているのかさえ、パッとは思い出せない。妻帯者ならば恐らく、奥さんが用意したものを何も考えず、機械的に使用しているだろうし、独身者ならば、たまにお気に入りのブランドのスポーツタオルくらいは自分で購入するかもしれないが、ほとんどの場合がスーパーで"3枚いくら"みたいなものを手に取っている。要するに、ちゃんとタオルと向き合っていない。
「女性であれば、オーガニック素材であったり、ふわふわした手触りのコットン製品にこだわって購入するものですが、男性はあれほど身の回りのモノにこだわる方が増えているにも関わらず、タオルに対する意識はいまだに薄いようです」と指摘するのは、"The Beach Chic(ビーチシック)のオーナーで、タオルプロデューサーでもある山口裕美子さん。確かに、趣味の領域はもちろん、肌着や洋服、電子機器や携帯電話など、様々なアイテムにおいて機能性やデザインにこだわる男性が多いのに、タオルにこだわるという話はそれほど聞かない。
「ご自宅利用ならまだしも、例えば出張先のホテルやスポーツクラブなど、外でタオルを利用するシーンにおいても、あまりこだわりなく、その他大勢の方が利用するものを使っているように見受けられます」
出張時に利用するビジネスホテルに備え付けられたバスタオルを思い出してみる。大判で重たく、少々ゴアゴアした手触りのものに当たることが多い。スポーツクラブでも同様だ。けっして"使って気持ちの良いタオル"というわけでは決してない。結局、ちょっと我慢しながら、"便利に利用できる"からと妥協しているに過ぎないのかもしれない。
「出張の多いビジネスマンの方々の中には、"myスリッパ"や"myアメニティ"を用意する人がいらっしゃるのに、"myタオル"を用意する人はほとんどいらっしゃらない。恐らく、持ち出すために必要な機能性を持ったタオルとの出会いがないのでしょう」

そもそも、持ち出すために必要な"タオルの機能性"とはどのようなものだろう。
「まずはコンパクトであること。ご家庭でお使いのコットンのようにふわふわしていると、カバンの中に収めることが難しくなります。タオルですから、吸水性が求められるのは当然のことながら、それに加えさらに速乾性も求められます」
旅先に数枚のタオルを持っていくのは、そもそもナンセンス。だからこそ、すぐに乾いて、その翌日も心地よく使用できる、あるいはカバンに収めて持ち帰ることができなければ、これまた"myタオル"としての目的を果たしているとはいえない。
「最近は海外に出張されるビジネスマンも増えてきました。東南アジアのリーズナブルなホテルでは、ちゃんとしたバスタオルが備え付けられていないという例もみられるようです」
もしも、備え付けのタオルがあったとしても、非常に手触りも悪く、吸水性も低いだろうから、べちゃべちゃと濡れたタオルを使いまわす羽目になりそう。しかも、東南アジアといえば湿度も高い。想像しただけで憂鬱な気分になる。
「そんなときにお勧めしたいのが、"The Beach Chic"のビーチタオル。ペラペラに薄いマイクロファイバー生地なので、コットンタオルに比べて半分以下のコンパクトサイズ、4倍の速乾性という特徴を持っています。重量もたたんだ時のサイズも、コットンタオルの半分以下。いつものバッグにもかさばることなく、スマートに収まります」
手に取ると確かに軽く、表面がフラットだからコンパクトに畳むことができる。これならビジネスバックにもすっぽり収まる。これほどの薄さを実現しながら吸水性が高いというのは驚きだ。
「元々は、私が子どもと一緒にハワイで過ごしていた時に、イタリア人であるコテージオーナーから"イタリアで流行っている"と手渡されたタオルがヒントになりました。海水浴を終えた子どもの身体を拭いてあげると、びっくりするほど吸水性が高くて、また風に吹かれているうちに乾くのです。以来、子育てに旅行にと手放すことのできないアイテムとなりました」
帰国後、あらゆる店舗を捜し歩いてみたが、日本では同等のものが登山用品、もしくは水泳用しか用意されておらず、デザインも味気ないものだったのだとか。
「ならば自分でデザインをして、中国の工場で生産して販売までしてしまおうと決意。オリジナルブランドを立ち上げ、ピンク、イエロー、ブルーの3色のラインアップでネット通販をスタートさせました」

「ご自身のご利用はもちろん、ご家族や友人へのプレゼントとしても最近人気が出ています」と語るのはThe Beach Chicのオーナーである山口裕美子さん

今では、ビーチやプールでの利用のみならず、ワークアウトやジョギング、スポーツクラブ、登山、キャンプなど、様々なシーンで活用されているという。サイズは幅63㎝×長さ142㎝、一般的なバスタオルとほぼ同じサイズ。夜干せば朝には乾くので、1枚あれば、連日利用にも対応できるのだとか。
「また、荷物を最小限に抑えたいバックパッカーの方にもおすすめ。先日もお客様から、LCCに乗るときブランケットとして使えて便利だった!とのメッセージをいただきました」
とにかく、今どきのタオルといえば、"今治タオル"に代表されるようなコットンタオルが主流に。しかし、「家で使って気持ちが良いタオルが、外で利用して気持ちが良いとは限らない」と山口さんは言う。
やっぱりね、肌に直接触れるものだもの。機能性のみならず、"気持ちの良さ"にこだわってみたっていいじゃない。
自宅以外の外で使用する専用タオルとして、この"The Beach Chic"を一枚ストックしておきたいものだ。

■取材協力
The Beach Chic(ビーチシック)
http://www.thebeachchic.com/

■取材協力

The Beach Chic(ビーチシック)
http://www.thebeachchic.com/

 

プロフィール 【伊藤秋廣(A.I.Production)】
年間300人超の実績。ビジネスパーソンからドクター、アスリート、文化人、タ レントまで幅広く対応するプロ・インタビュアー。対話の中から相手 の“哲学” を引き出す力に定評あり。ライティング専門プロダクション 「A.I.Production」を運営する。
http://www.a-i-production.com/

 

【楽天】オススメアイテム
クイックアクセス

このページの先頭に戻る ▲