サブカテゴリー

ホビー&ライフ リカー&グルメ ファッション チャレンジライフ
薄毛男性が行列を作る噂の美容院

我々、40代の男性にとって、"デートで焼肉"って、なんか特別な感覚だった。"単に、運ばれてくる料理を食べるのではなく、一緒に何かを焼いてから食べるなど、共同作業の要素がそこに加わると男女が親密になる"なんて説も存在するくらいだし。とにかく、かなり親密でないと女性を焼肉に誘えない?なんてイメージを多くの男性が持っているかと思う。
しかし、相手との距離を一気に縮めるには焼肉デートが最適とわかってはいても、煙がモクモクしていて壁や天井や油に汚れた"汚い名店"に誘うのは気が引ける。確かに美味しいけれど…店選びのセンスが問われる可能性はある。それはそれでリスキーだ。イマドキの女性を焼肉に誘うなら、やはりお店の雰囲気まで配慮したいものだ。
そんな大人の男女のデートシーンに最適な焼肉店がオープンし、早くも話題になっている。しかもその店は六本木でも渋谷でも新宿でもない、東急東横線「綱島」駅の近くに登場したのだ。もしかしたら、お忍びデートで使える?なんて良からぬ企みを妄想するのは筆者だけであろうか。
話題に上がっている「WOLFMAN'S GRILL(ウルフマンズ グリル)」は、「鳥良」「磯丸水産」などの有名ブランド店を手掛けてきたSFPダイニングが提案する新業態。「ここが本当に焼肉店?」と首をかしげたくなるくらい洒落た店構えと、まるでカフェ?イタリアン?スペインバル?と思えるようなモダンな空間が印象的だ。

「このWOLFMAN'S GRILLは、"デートで使える焼肉店"というスタンダードなコンセプトを温め続け、満を持して具現化したものです。デートで使える店ということで、ドリンクメニューにもこだわりました」というのは、同店の加畑智也店長。焼肉店といえば、ビールやホッピー、焼酎というのが定番だが、この店はデートの切り札ともいえるワインを取り揃えている。確かに、肉とワインの親和性は高いわけだし、女性もワイン好きが多い。しかし、心配なのはその値段だ。リストを見せられて、冷や汗をかきながら、価値の良くわからないものをセレクトする。あんまり安いものを注文すると"私ってそんな程度?"と思われてしまいそうで怖いし、超有名で高価なものには正直、手は出せない。ワインって上級者っぽくて難しい…なんて思ったりすることも。
「スパークリング、白、赤と、焼肉と相性の良い銘柄を23種取り揃え、しかもすべてのボトルが3200円という、大変リーズナブルな価格での提供となっています。確かに日本にワインブームが到来して久しいですが、まだまだ敷居が高いと申しますか、特に20〜30代の男性にとっては"難しいし、高いし、価値がわからない"ということで、手が出しづらいモノといったイメージがあるようです。すべて3200円で、なおかつわかりやすい説明を加えたリストを用意しているので、彼女の前でも恥ずかしい思いをしないでオーダーすることができます」
さらに、グラスのふちのすれすれにまで注がれた"なみなみワイン"をグラス単位で提供。ワインを気取らず楽しむことができる演出も心憎い。
「内装は綺麗ですよ、ワインがたくさん置いてありますよと、男性が女性を焼肉店に誘いやすい条件を取り揃えています。"それならば行ってもいいかな"と思う女性も少なからずいるはずです」

「皆さんが"こんなお店があったらいいな"と考える、そんなお店作りを目指しています。ライフスタイルの中でひとつの選択肢として、引き出しのひとつとして加えていただけたらと思います」というWOLFMAN'S GRILLの加畑智也店長

肝心の肉はどうなのだろう。
「品評会受賞歴がある牛飼い名人が丹精込めて育てたブランド牛"薩摩牛"を中心に、A4等級以上の国産黒毛和牛やUSビーフなど幅広く用意しています」
肉というのはお金を出せばそれだけ良いものを食べることができるし、一方で激安な食べ放題というカテゴリも存在。まさに価格帯も客層も振り幅の広いジャンルであることは確かだが、このWOLFMAN'S GRILLは、ちょうどその両者のちょうと中間的な立ち位置にあるという。
「霜降り至上主義、赤身、熟成肉と、何かとブームに引きずられがちなジャンルではありますが、当社はそもそも一貫して、流行りを追いかけることなく、独自のスタンスで、長く愛されるお店作りを目指してきたというところがあります。先にお話ししたように、デートでも使える焼肉屋というコンセプトを発端としていましたが、当社が考える独自のスタンダードを追求するうちに、デートはもちろん、いわゆる"焼肉通"の期待にも応えられるような店でもあり、ファミリーが特別な時間を過ごしたり、ビジネスパーソンが会社帰りの一杯を楽しむ店でもあったりと、どんどんユーザー・イメージが膨らんでいきました」
現に、今年の1月29日にオープンを果たしてから、様々な層のユーザーが、様々なシーンで利用。ランチタイムにはハンバーグを用意している。牛すじを煮込んで作ったデミグラスソースが評判を呼んでいる。
「それぞれのライフスタイルの中で、必ずどこかにハマるシーンがある。そんな店づくりを進めています。そして、従来の焼肉店と言うカテゴリに収まらない、"WOLFMAN'S GRILL"という一ジャンルを確立し、"この空間でワインを飲みながら焼肉を食べる"というシーンが多くの方々の間に浸透する、そんなポジションを目指しています」
"綱島の焼肉店"ではなく、"あの店"に行きたいと思える、そんな個性的な店であることは間違いない。立地柄、お忍びデートには間違いなくぴったりなのだが、それはもちろん、そんな相手がいればの話。まずは家族や会社の同僚を連れてくるところから始めてみたい。

■取材協力
WOLFMAN'S GRILL
http://www.sfpdining.jp/wolfmansgrill/
住所:神奈川県横浜市港北区綱島西1丁目9番9号 ダイヤモンドビル1階
電話:045-533-4115
営業時間:11時?29時(ランチ:11時?15時)※年中無休

■取材協力

WOLFMAN'S GRILL
http://www.sfpdining.jp/wolfmansgrill/
住所:神奈川県横浜市港北区綱島西1丁目9番9号 ダイヤモンドビル1階
電話:045-533-4115
営業時間:11時〜29時(ランチ:11時〜15時)
※年中無休

 
プロフィール 【伊藤秋廣(A.I.Production)】
年間300人超の実績。ビジネスパーソンからドクター、アスリート、文化人、タ レントまで幅広く対応するプロ・インタビュアー。対話の中から相手 の“哲学” を引き出す力に定評あり。ライティング専門プロダクション 「A.I.Production」を運営する。
http://www.a-i-production.com/
 

【楽天】オススメアイテム
クイックアクセス

このページの先頭に戻る ▲