サブカテゴリー

ブラジル代表 チーム紹介

■W杯出場 19大会連続19回目
■最高成績 優勝(1958、62、70、94、2002年)

■W杯成績 92試合64勝14分14敗
■監督  ドゥンガ(ブラジル 初)

■主力選手 カカー(Rマドリード)、L・ファビアーノ(セビリア)

カナリアの壁が世界に立ちふさがる

250

 W杯予選は18試合してわずか2敗、33得点11失点はともに南米予選トップの成績、堂々の1位通過でW杯連続出場記録を19に伸ばした。

 前回のドイツW杯に比べスター選手はカカーだけとなってしまったが、L・ファビアーノやF・メロなど数多くの実力者がそろっており、チームとしての強さは、完成度・安定感ともに前大会を上回る。

 特質すべきは守備意識の高さ、戦術的な秩序がしっかりと整えられており、ブラジルサッカー史上の中でもっとも高いレベルにあると言える。GKのJ・セーザル、DFにファン、ルシオ、マイコン、T・シウバと守備陣にセリエA組が多く、イタリア伝統の守備力を吸収出来る環境にいるのも、守備力向上のプラスとなっている。

 タレントの豊富さも相変わらずで、パト(ACミラン)、D・アウベス(バルセロナ)、バチスタ(ローマ)、ニウマール(ビジャレアル)など欧州クラブの中心として活躍している選手が控えという、なんとも贅沢な布陣。特にマイコン、D・アウベスの世界最高レベルのサイドバックが2人もいる右サイドはまさに脅威。

 以前のようなファンタジーあふれるサッカーを見る事は出来なくなったが、素早いカウンターを武器とする現実的な負けないサッカーを遂行するブラジル代表に死角はなく、文句なしの優勝候補筆頭といえる。見事なまでに築きあげられたカナリア軍団(ブラジル代表の愛称)の壁を、はたして破壊するチームが現れるのか注目が集まる。  


W杯南米地区予選成績 (18試合9勝7分2敗 33得点11失点)
日付 スコア 対戦相手
2007/10/14 △0−0(A) コロンビア
2007/10/17 ○5−0(H) エクアドル
2007/11/18 △1−1(A) ペルー
2007/11/21 ○2−1(H) ウルグアイ
2008/6/15 ●0−2(A) パラグアイ
2008/6/18 △0−0(H) アルゼンチン
2008/9/7 ○3−0(A) チリ
2008/9/10 △0−0(H) ボリビア
2008/10/12 ○4−0(A) ベネズエラ
2008/10/15 △0−0(H) コロンビア
2009/3/28 △1−1(A) エクアドル
2009/4/1 ○3−0(H) ペルー
2009/6/6 ○4−0(A) ウルグアイ
2009/6/10 ○2−1(H) パラグアイ
2009/9/5 ○3−1(A) アルゼンチン
2009/9/9 ○4−2(H) チリ
2009/10/10 ●1−3(A) ボリビア
2009/10/14 △0−0(H) ベネズエラ
 

【楽天】オススメアイテム
クイックアクセス

Jリーグ

日本代表

ACL

海外サッカー

コラム

動画

スペシャルコンテンツ

このページの先頭に戻る ▲