PR:

一発勝負に強い鹿島か、好調でモチベーションが高い浦和か

 チャンピオンシップ(CS)が開幕、11月23日の準決勝で鹿島が川崎Fを1-0で破って決勝に進出した。面白い、見応えのある試合だった。川崎Fに自由に攻められると手に負えなくなることを警戒した鹿島がしっかりと守備をし、よく準備していた。川崎Fの良さも出ていたが、要所で鹿島が上回ったことが勝利につながった。川崎Fにケガ人が多く、メンバーがそろっていなかったことも味方したかもしれないが、球際の強さなどはさすがだった。

 さて、決勝戦は浦和と対戦するが、今季は1勝1敗でともにアウェーが勝っている。第1ステージは鈴木がPKを得て鹿島が勝ち、第2ステージは李忠成の2得点で浦和が勝った。決勝だけに厳しい戦いになるが、ポイントは「守備」だと思う。第1ステージを制した鹿島の勝因は守備の安定で、第2ステージになって柴崎のケガなどで守備が不安定になったことが、不振の原因だった。ここに来て永木が成長してきて、穴はなくなった。準決勝にはペトロヴィッチ監督以下浦和のスタッフが全員見に来ていたが、それだけ浦和も厳しい試合になるとみているのだろう。

 後の試合をホームで戦える方が有利だが、鹿島は先手を取れば逃げ切れるチームなので、緊迫感のある試合になる。一発勝負に強い鹿島か、第2ステージ好調でモチベーションが高い浦和か。予想は難しい。でも、面白い試合になることだけは間違いない。(水沼貴史=元日本代表FW)

[ 2016年11月25日 00:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:04月21日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム