PR:

W杯本大会 オーストラリア戦のようなサッカーができるか?

サウジアラビア戦に向けて、軽快な動きを見せる本田(右)。左はハリルホジッチ監督
Photo By スポニチ

 日本代表がW杯ロシア大会の出場を決めた。8月31日のホーム、オーストラリア戦で2−0の勝利。お互いに勝てば決定という真剣勝負に、浅野と井手口のゴールで勝った。4−1−4−1というやり方も斬新だったが、素晴らしい勝利だった。

 ここまで中心になっていた本田や香川のコンディションが良くなかったために思い切った決断をしたのだろうが、「万全だったらどうだったか」という疑問はある。しかし、考えたことをやりきって勝ったことは大きかった。

 井手口と山口がプレッシャーをかけ続けたが、その後ろに長谷部が戻ったことも大きかった。フランクフルトで最近はリベロをやっているが、ひとつ前の本来のポジションに入り、山口と井手口を動かしながら自分は危ないスペース消す仕事をこなした。常に声を出しながらコーチングしていたし、周りもよく見ていた。

 本大会まで1年もないが、本大会でこの試合のような戦いを強豪国相手にできるかということが新たなテーマとなる。本大会で経験のない選手を抜てきできるか、経験がある選手が戻ったときに運動量が求められるこの試合のようなサッカーができるかという議論だ。W杯ブラジル大会では主導権を握ってやろうとしたが、まったくできなかった、ハリルホジッチがアルジェリアでやったように、守備を固めて高速カウンターで仕留めるサッカーを目指すのかなど、これから議論が必要になる。

 監督の求心力にも直結するところで、日本協会も検証が必要だろう。さらに強化日程も限られる。海外組も多いし、思った通りには行かないものだ。今回井手口が出てきたように、新しい戦力を探すことも必要で、ハリルホジッチ監督にはJリーグもよく見てもらいたいと思っている。(水沼貴史=元日本代表FW)

[ 2017年9月4日 20:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月21日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム