PR:

前線の選手は点が取れないと呼べない

 キリンチャレンジカップのシリア戦が6月7日に行われ、日本代表は1−1で引き分けました。13日のW杯予選イラク戦へ向けたテストでしたが、収穫も課題も見えました。中でも一番の収穫は乾でしょう。

 スペインリーグで活躍しているだけのものを見せてくれました。私は以前から代表に呼ぶべきだと思っていましたが、ようやく結果を出しました。ペナルティーエリアの左角付近で形を持っています。1対1でえぐり、シュートまで行けます。中のスペースも使えてチャンスメークができます。アシストもできるし、左サイドの長友も生かせます。日本代表にはいいオプションになると思います。

 いろいろ聞いてみると、ハリルホジッチ監督は4−2−3−1のシステムで、前線の選手は点が取れないと呼べないといっているようです。乾はチームとして多くのチャンスをつくるので、チームとして点が取れます。なんといってもレベルの高いスペインで結果を出しています。代表にはいい選手が多く、競争も激しいのですが、乾はいいオプションです。

 香川が左肩の脱臼で戦列を離れました。代役をどうするか、ハリルホジッチ監督も頭を悩ませているでしょう。私は乾が面白いと思います。(岩本輝雄=元日本代表MF)

[ 2017年6月11日 11:15 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月19日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム