【コラム】岩本輝雄

U−20日本代表 久保効果!?

<日本・南アフリカ>後半、勝ち越しゴールの堂安(中)と喜ぶ久保(右)。左は初瀬
Photo By スポニチ

 U―20ワールドカップが韓国で開幕、5大会ぶりに出場の日本は5月21日の1次リーグ初戦で日本は南アフリカに2−1で逆手勝ちしました。前半7分に南アフリカにO・Gで先制されながら、その後は危ない場面もなく、むしろ日本がチャンスをつくりながら外していました。後半3分に小川のゴールで同点に追いつき、27分に久保と堂安のコンビで勝ち越しました。初戦は内容より結果が大事ですが、勝ち点3が取れた上に内容も悪くなく、素晴らしいスタートでした。

 それにしても期待されている選手がそろって活躍していました。小川や三好、岩崎もよかったですが、決勝点の堂安のダイレクトプレーは光っていました。難しいタイミングで、ちょうど久保が走ったところにピタリとパスが出ました。久保も早いパスで堂安の足下に返し、相手もカットできません。左利きコンビが生んだ素晴らしいゴールでした。

 1次リーグではウルグアイ、イタリアとの対戦が残っています。2チームとも南アフリカ以上に実力がある強豪ですが、初戦で負けて対戦するのと勝って対戦するのでは状況が違います。勝って対戦できることは日本の大きなプラスです。

 それにしても皆うまい。これもJリーグができて、歴史ができたお陰です。久保が飛び級で選ばれた効果もあります。皆認めているものの、「久保に負けないぞ」という気持ちもどこかにあります。日本にとっては意義のある大会になりそうです。(岩本輝雄=元日本代表MF)

[ 2017年5月22日 18:00 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ