PR:

素行の悪さで損しているサラテ

 サッカー界に限らず、どこの世界でもそうですが、実力があるのにそれを出し切れずに消えてしまう人はたくさんいますね。ラツィオの元アルゼンチン代表FWサラテ(26)も、実力がありながら、これまでは自らの失態でそれを出し切れていません。

 2年前には当時監督だったレーヤとの関係が悪く、完全に干された状態でした。昨季はインテル・ミラノに期限付きで移籍しましたが、これといった活躍もできず、今季から結局ラツィオに復帰しましたが、またやらかしてしまいました。

 もともとラツィオサポーターからの評判が悪く、ラツィオでそれほどやる気がなかった彼ですが、医師にインフルエンザのうその診断書を書かせて、インド洋のバカンス地で有名なモルディブに行ったのがバレちゃったんですね。たまたまラツィオファンがモルディブにいて、写真を撮ってフェイスブックに載せちゃったらしいです。

 本人はそれを完全否定したんですが、ラツィオのロティート会長が調査したところ、モルディブ行きの飛行機に乗ったことが証明され、会長は激怒し、彼に給料の30%カットと約500万円の罰金を科しました。

 もちろん、そんなことをしでかしてチームに残れるはずもなく、おそらく彼は近日中にも契約を解除するものと見られています。せっかく実力があるのにもったいないですね。(ジローラモ=サッカーコメンテーター)

[ 2013年3月29日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:04月20日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム