PR:

大宮 石井監督初陣も…10戦連続勝ちなしでJ1残留風前のともしび

明治安田生命J1リーグ第32節   大宮0―3仙台 ( 2017年11月18日    ユアスタ )

<J1仙台・大宮>仙台に完封負けし、がっくりと肩を落とす大宮イレブン
Photo By スポニチ

 J1の17位・大宮は敵地で仙台に0―3の大敗を喫し、J1残留が風前のともしびとなった。

 石井正忠新監督(50)の初陣となり、前節のC大阪戦から先発5人を変更。積極采配で得点を奪いに行ったが、前半26分に先制を許し、リズムを乱す展開。守備ラインが後退し、球際やセカンドボールの対応も後手に回り、大量失点を招いた。後半25分には2枚目の警告を受けたMF大山が退場するなど反撃の糸口すら見えず、鹿島でリーグ優勝経験のある指揮官は「期待を裏切ってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱい。(就任後の)3連勝を目標にしてきたが、負けて残念です」と神妙に語った。

 これで10戦連続勝ちなし。この日、J2降格の決まった最下位の新潟が16位・甲府に勝ったことで首の皮一枚つながった状況だが、15位に順位を上げた広島が次節のFC東京戦で引き分け以上となれば大宮のJ2行きが決まる。26日の次節は甲府とのホーム最終戦。新体制で主将を任されたMF江坂は「ホームで負けて降格するわけにはいかない。2試合で勝ち点6を絶対に取らないといけない。全員で戦っていく」と力説した。

[ 2017年11月18日 18:18 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月11日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム