PR:

【加茂周 視点】ハリルJコンビネーション不足の攻撃、長身に弱い守備

国際親善試合   日本2―1ニュージーランド ( 2017年10月6日    豊田ス )

<日本・ニュージーランド>後半9分、ウッド(9)にゴールを決められる
Photo By スポニチ

試合結果  日本代表日程

 2―1で勝ったが、前半の再三のチャンスに点が取れなかったのは問題だった。せっかくチャンスをつくってもコンビネーション不足の場面が何度かあった。香川らのシュートも枠に行かず、強い雨が降ってピッチ状態が悪いとはいえ物足りなかった。PKで先制した後、リズムを失い相手に攻められたが、前半で2点ぐらい取っていれば、どうということはない試合だった。

 守備ではサイドバックが攻撃参加した後ろのスペースを相手に使われたときの対応のまずさが目についた。失点場面もクロスを上げられて吉田が競り負けたが、その前のこぼれ球を相手に拾われてピンチを招いた。長身の相手に簡単にやられる傾向があり、日本の弱点になりつつある。クロスを上げられても余裕を持たせないようにするなど、もう少し厳しくいかないといけない。

 今までのように中盤でゆっくりボールを回すのではなく、早めに縦に入れて崩す意図も見えた。あとはもっと積極的に「デュエル」を見せてほしい。(元日本代表監督)

[ 2017年10月7日 09:33 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月12日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム