PR:

【城彰二 視点】厳しかった香川 質悪かったゴール前の動き

国際親善試合   日本2―1ニュージーランド ( 2017年10月6日    豊田ス )

<日本・ニュージーランド>前半、ドリブルで交わす香川(右)
Photo By スポニチ

試合結果  日本代表日程

 大迫と武藤の連係力や乾が収穫だった。武藤は積極的に中に入って大迫と絡みチャンスをつくった。攻撃のバランスが良く久保が右サイドだけでプレーしていて孤立する時間が長かったのとは対照的で、余計に目についた。途中出場の乾もリズムを変えていたしドリブルで仕掛けて突破したり、周りの選手を使ってチャンスをつくっていた。

 逆に香川は厳しかった。動きは悪くなかったし、ボールにも絡んでいたが、ゴール前の動きの質が悪かった。決定機を2本外したが、こういう時にアピールしないとポジションがなくなる可能性もある。本人が一番分かっているはず。ペナルティーエリア内で勝負する選手で、そこまで持っていけていたのだから、しっかりとゴールを決めて結果を出してほしかった。

 ハイチ戦では前の選手は大幅に入れ替わる可能性があるが、さまざまなコンビネーションが試される。選手は結果を求められており、攻撃の選手はしっかりと決めてほしい。(元日本代表FW)

[ 2017年10月7日 09:29 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月23日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム