PR:

倉田 アピール1号Vヘッド「今のところ人生で一番うれしい」

国際親善試合   日本2―1ニュージーランド ( 2017年10月6日    豊田ス )

ニュージーランド戦の後半、ゴール前に飛び込みネットを揺らした倉田(右)
Photo By スポニチ

 サバイバルの号砲を鳴らしたのは“崖っ縁男”倉田だった。1―1の後半42分。酒井宏が頭でゴール前へ折り返したボールに頭から飛び込んで決勝弾。「絶対に狙おうと思っていた。今のところサッカー人生で一番うれしい」

 ゴール直後にGKと接触して右頭部が腫れたが、執念のダイビングヘッドは国際Aマッチ5試合目にして初ゴールとなった。

 背水の思いだった。3月のW杯アジア最終予選で1年8カ月ぶりの代表復帰。6月も招集されたが、W杯出場を決めた8月のオーストラリア戦は招集されなかった。「ガンバでのプレーが良くなかったし仕方ない部分はあるけど、やっぱり悔しい気持ちはある」。同じポジションの大島(川崎F)や柴崎(ヘタフェ)の負傷もあり巡ってきたチャンス。生き残りを懸けた10日間への思いは強かった。

 雑草魂ではい上がってきた。1度目の転機は10年、J2千葉への期限付き移籍。07年にG大阪ユースからトップチームに昇格したが出番に恵まれず「このままじゃ埋もれる」と自ら志願した。当時千葉を指揮していた江尻篤彦監督から「おまえは攻撃的MFだよ」とボランチからコンバートされ、自らの生きる場所を見つけた。2度目は翌年、再び期限付き移籍となったC大阪での日々。キャリアハイのシーズン10得点は、フィジカル強化の重要性を痛感したたまものだった。

 「ここから、もっとうれしいゴールを決めたい」。今ではG大阪で背番号10をつける28歳に、W杯ロシア大会出場が確約されたわけではない。ただ、不屈の男が一歩、ロシアに近づいたのは間違いない。 試合結果  日本代表日程

[ 2017年10月7日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月14日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム