PR:

大迫 ロシア“当確”1号!冷静PKで代表7点目

国際親善試合   日本2―1ニュージーランド ( 2017年10月6日    豊田ス )

ニュージーランド戦の後半、PKでゴールを決める大迫
Photo By スポニチ

 “W杯当確弾”を決めたのはFW大迫だった。0―0の後半5分、山口の左足シュートがペナルティーエリア内の相手DFの手に当たり、PKを獲得。6月13日のイラク戦以来となる7点目を、右に蹴り込んだ。「自分が蹴ることは決まっていた。蹴るか迷っていたら外してしまう。これからも蹴りたい」とクールに振り返った。

 W杯出場決定後の試合で最初に得点を決めた選手は、98年フランス大会の中田英寿、06年ドイツ大会の柳沢敦ら、過去全員が本大会のメンバー入り。大迫も、2大会連続出場に大きく近づいたことになる。

 3年前のブラジル大会は2試合に出場して無得点。W杯仕様の肉体をつくるため、風船を使い横隔膜を鍛えるメニューや、ストローをくわえて呼吸しにくい状況をつくり練習強度を上げるなど、ユニークなトレーニングに取り組んだ。2度目のW杯に向けたテーマは「ゴール前に入っていくこと、点を取ること」とシンプル。「1トップとしては、相手と戦い、点を取ることができなければ意味がない」と、さらなるレベルアップを目指していく。 試合結果  日本代表日程

[ 2017年10月7日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月16日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム