PR:

代表初ゴールの井手口 攻守に貢献も冷静「たまたまです」

W杯アジア最終予選B組   日本2―0オーストラリア ( 2017年8月31日    埼玉 )

<日本・豪州>後半、井手口のゴールを喜ぶ日本の選手たち
Photo By スポニチ

 サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選が31日、埼玉スタジアムで行われ、日本は強敵オーストラリアを2―0で破り、6大会連続6度目のW杯出場を決めた。MF井手口陽介(21=ガンバ大阪)が代表初ゴールとなる貴重な2点目を決めて、勝利に大きく貢献した。

 井手口は後半37分にペナルティエリア手前から右足を振り抜き、豪快なミドルシュートで貴重な追加点を叩き込み、代表初ゴールをマーク。「枠に入ればいいかなと思ったが、そのまま入って良かったです」と冷静に振り返った。

 代表での出場は3試合目。「こういう大事な試合で監督に使ってもらったので、結果を残したかった」とハリルホジッチの積極的な若手起用に見事に応えた。豊富な運動量で攻守に貢献したが「たまたまです」と意に介さなかった。

 「W杯までまだまだ期間があるので、もっと自分自身成長して、また選ばれるよう、満足せずにやっていきます」と慢心はない。「まずは次戦アウェーで勝てるように頑張ります」と早くもサウジアラビア戦を見据えた。

[ 2017年8月31日 21:53 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月17日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム