PR:

新潟 ホームで敗れ16敗目…J1残留さらに厳しく

明治安田生命J1第21節   新潟0―2川崎F ( 2017年8月9日    デンカS )

川崎Fに敗れ、引き揚げる矢野(左)ら新潟イレブン
Photo By 共同

 新潟はホームで川崎Fと対戦し0―2で敗れた。今季5度目の連敗を喫し16敗目。J1残留がさらに厳しくなった。

 この日は右SBに川口が6月4日のC大阪戦以来、7試合ぶりの先発出場。これまで右SBを務めていたMF小泉は本職のボランチで出場した。

 呂比須監督はパスをつないでくる川崎Fに対し「パスコースを消してマッチアップで負けないようにしたい」と話していたが、前半39分に右サイドを崩され警戒していたFW小林に先制ゴールを奪われてしまった。さらに後半17分、またも右サイドを崩されMF中村に追加点を入れられた。なんとか反撃をしようと同20分には小泉がミドルシュート、同25分には川口がドリブル突破からシュートを放つがGKに阻まれ、2試合連続でノーゴールに終わった。

 この日は試合前に「スタジアム満員プロジェクト」の大決起会が行われ、後援会長である馬場潤一郎スタジアム満員プロジェクトリーダーが「まさに残留大ピンチを迎えている。精いっぱいの協力と支援をしていきたい」とあいさつしチームを後押ししていたが、スタジアムの声援に応えることはできなかった。

[ 2017年8月10日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月11日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム