PR:

闘莉王、古巣へ“先制口撃”選手流出「うまくいってない証拠」

練習を終え、クラブハウスへ戻る京都DF闘莉王
Photo By スポニチ

 J2京都のDF闘莉王が19日、名古屋との再戦(22日、西京極)を前に先制パンチを見舞った。古巣は最近7試合を2勝5敗と苦戦しているのに加え、MF磯村やDF大武ら多くの生え抜きが移籍。「ああいう風に選手が抜けるというのは、うまくいっていない証拠」と付け入るスキがあることを強調した。

 京都も最近7試合は2勝2分け3敗と厳しい戦いが続いているものの、闘莉王自身は2戦連発中。5月3日に敵地で対戦した際は後半ロスタイムに追いつかれてドローに終わった。今季最多入場者が見込まれる一戦で、闘将は「まだチームは未熟なところがあるけど、勝たせないといけない」と3戦連発で3試合ぶりの勝利へ導く構えだ。

[ 2017年7月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:08月16日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム