PR:

浦和ガチバトル!忠成&関根、ボール競り合いから“乱闘騒ぎ”

練習中、小競り合いになる浦和の李と関根
Photo By スポニチ

 3連敗中で暫定9位と低迷する浦和は29日、7月1日の広島戦(埼スタ)に向けた戦術練習を行った。紅白戦ではボールを奪い合ったFW李忠成(31)とMF関根貴大(22)が“乱闘騒ぎ”に発展する場面も。再浮上へ、練習から激しくぶつかった。

 突然、ピッチ上に緊張が走った。ルーズボールを競り合った際、李忠成が後方から関根に倒された。次の瞬間、両者の間に火花が散った。頭に両腕を回された関根が押さえつける格好に。周囲の選手が止めに入って事なきを得たが、練習中に勃発したまさかの乱闘騒ぎ。それほど紅白戦はヒートアップしていた。

 もちろん、熱くなり過ぎたのはピッチ上だけ。練習後、李忠成は「遊びでやってるんじゃないんでね。ぶつかっていかないと。わだかまりはない。関根はご飯に連れて行きますよ。根性ありますよね」と年齢差に関係なくぶつかって来た後輩を称えた。紅白戦後、李忠成から関根には「これもサッカーだよな」と声を掛けたという。

 両者の「熱」は周囲にも伝わった。DF槙野は「球際でバトルがありましたね。1対1の局面はこだわってやってる。強い気持ちを出していかないと」と話す。次は06〜10年に在籍した古巣・広島戦。敵将の森保監督は少年時代に憧れた存在でサインをもらったこともある。「高ぶりはある。血を流してでも戦います」と誓った。

 現在、泥沼の3連敗中。だが年間勝ち点1位に輝いた昨季も苦しい時期はあった。6月の鹿島、G大阪、広島戦で3連敗。その後、FC東京戦に槙野の2得点、李忠成の1得点で3―2と勝利すると一転、引き分けを挟み、怒とうの9連勝を果たしている。「ここを乗り越えればレッズは強くなる」と李忠成。熱き“バトル”がV字回復の起爆剤となるか。

[ 2017年6月30日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月17日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム