PR:

C大阪 ハリルの前で清武Vヘッド「いい試合ができた」指揮官は目標“上方修正”も

明治安田生命J1第12節最終日   C大阪3―0大宮 ( 2017年5月20日    NACK )

 日本代表のハリルホジッチ監督が視察した試合でMF清武が2試合連続ゴールを決め、C大阪を勝利に導いた。

 後半18分、左CKにニアで頭を合わせて先制ゴール。清武のこのゴールが呼び水となって後半31分に山村、同41分には杉本が続き、5ゴールを挙げた14日の前節・広島戦(金鳥スタ)に続く大勝で2連勝をマークした。

 「まったりした感じで前半はあまり良くなかったが、後半にまた気持ちを入れ直そうと皆で話をした。いい試合ができたと思う」と清武。「いまセレッソはセットプレーで点が取れているので、いい感じだと思う。1点入ってからセレッソの良さがたくさん出た試合だったんじゃないかな」と振り返った。

 ユン・ジョンファン監督は「こういう暑い天気の中ではセットプレーからのボールはすごく効率的。選手はそこを集中して入ってくれたと思う」と振り返り、「今は残留を目標にして走っているが、それが決まれば、もっと上を目指す目標設定をしないといけない」と“上方修正”を視野に入れていた。

[ 2017年5月20日 18:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月12日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム