PR:

寿人 名古屋合流で“愛ある説教”J2降格は「選手の責任」

名古屋のクラブハウスで入団会見を行った佐藤寿人
Photo By スポニチ

 異例の“公開説教”だ。広島から名古屋に完全移籍した元日本代表FW佐藤寿人(34)が9日、豊田市内で加入会見。昨季クラブ初のJ2降格となった新天地をいきなりメッタ切りした。

 まず矛先を向けたのは昨年まで在籍した選手たち。「監督とかの采配もあったかもしれないけど、最終的にプレーするのは選手。責任を感じるべきは選手だけど、そういう言葉が聞こえてこなかった」。昨季、名古屋はフロント内部が分裂するなど迷走したとはいえ、勝てない原因を他者に向けているように映った。

 続いては若手だ。昨年8月6日のサテライト戦での印象を口にし「何人かは“あれ、もっと良い選手じゃなかったかな”と思うことがあった。勝利に対する追求心とか、ボールへのこだわりとかが欠けていると思った」と強調した。

 そして最後はメディアに異例のお願いだ。「ネガティブなところばかりが報道されている。いつまでも降格を否定的に捉えていても仕方ない。明るい報道をしてほしい」と付け加えた。

 名古屋を立て直したい情熱があるからこその厳しい言葉。「苦しい状況だからこそ来た」。1年での昇格を誓った。

[ 2017年1月10日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月14日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム