PR:

松本・反町監督、来季続投が決定 6年目指揮へ「頑張るしかない」

ホームタウンの池田町を表敬訪問した反町監督。左は神田社長
Photo By スポニチ

 J2松本は5日、クラブからの続投要請を保留していた反町康治監督(52)が来季も引き続き指揮を執ることが決定したと発表した。2012年に就任した同監督は来季が6年目の指揮となる。

 この日、反町監督はホームタウンの池田町に訪れ、来季へ「現場を預かる人間として、頑張るしかない」とコメント。また、クラブを通じてコメントを発表し、「いつも多大なサポートありがとうございます。そして、今シーズンもたくさんのご声援ありがとうございます。来季は勝ち点1の重みを認識した中でチャレンジをしていくつもりです。益々の声援を宜しくお願いいたします」としている。

 J2に参入した12年に就任し、3季目となる14年には24勝11分け7敗の勝ち点83で自動昇格圏の2位に入り、JFLから昇格したクラブとしては史上最速のJ1入りへと導いた。J1初挑戦の15年は16位で降格。今季は24勝12分け6敗で勝ち点84を挙げながら、清水に得失点差で及ばずに3位で自動昇格を逃し、11月27日の岡山との昇格プレーオフ準決勝で敗退していた。

[ 2016年12月5日 10:25 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ