PR:

大迫 8戦連続先発も負傷交代…11月の日本代表招集に影響も

ブンデスリーガ第8節 ( 2016年10月22日 )

ヘルタ戦の前半、先発出場し攻め込むケルンの大迫(左)
Photo By 共同

 ケルンのFW大迫勇也は22日、ヘルタ戦に2トップの一角として8試合連続の先発出場。前半6分には右からのグラウンダーのクロスにダイレクトでシュートを放つなど見せ場を作ったが、同43分にルーズボールの競り合いで相手DFと空中で接触。そのまま倒れ左脇腹を抑えながら苦しみ、しばらく起き上がれず。

 その後プレーに復帰したが、後半開始からはベンチへと退いてしまった。怪我の具合は明らかになっていないが重傷の場合は長期離脱の可能性も。

 日本代表の11月の国際Aマッチ2試合(11日親善試合オマーン戦、15日W杯アジア最終予選サウジアラビア戦)に向けての招集も期待されていただけに不安を残す結果となってしまった。

[ 2016年10月22日 23:50 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:06月26日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ