PR:

京都2連敗で6位後退 指揮官「攻撃に出る枚数が少なかった」

明治安田生命J2第20節 京都1―2松本
(6月26日 西京極)
 J2京都は2連敗を喫し、昇格プレーオフ圏内6位まで後退した。シュートは松本の8本に対して6本も多い14本を放ったが、終了間際のMF山瀬のミドルシュートによる1点のみ。

 石丸監督は「攻撃に出る枚数が少なかった。迫力にも欠けていた」と肩を落とした。厳しいマークにあったFWエスクデロも「みんなが止まっていることが多い。(ボールを受ける)準備をすることが大事」と苦言を呈した。

[ 2016年6月27日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:07月25日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ