PR:

守備の要が復活!室屋J3で先発、骨折から復帰後最長67分プレー

J3で先発したFC東京DF室屋

 リオ五輪出場を目指すDF室屋が26日、今季からJ3に参戦するFC東京U―23をホーム初勝利に導いた。明大時代の恩師・神川監督率いる盛岡戦に右サイドバックで先発し、左第五中足骨骨折から復帰後最長となる67分間のプレー。前半16分には決勝点を演出した。

 ペナルティーエリア内にカットインし、スルーパスを受けて左足を振り抜くと、ボールは相手GKに当たりゴールへ向かって転がった。試合後は「触ってほしくなかった」と冗談交じりに振り返ったが、最後はFW兪仁秀が押し込み“アシスト”となった。

 これで復帰後、J3には3戦連続出場。手倉森ジャパンに故障者が続出する中、こちらは攻守に切れの良いプレーを見せ「一試合一試合良くなっている」と復調をアピールした。U―23日本代表合宿には、この日PKを失敗したMF中島とともに27日から合流予定。「メンバー入りへ全てを懸けてやっていきたい」と力を込めた。

[ 2016年6月27日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ