PR:

早くも追い込まれた佐々木監督「もう1戦も落とせない」まさかの5位発進

<日本・オーストラリア>前半、宮間(右)に指示を出す佐々木監督
Photo By スポニチ

リオデジャネイロ五輪アジア最終予選 日本1―3オーストラリア
(2月29日 金鳥スタ)
 女子サッカーのリオデジャネイロ五輪アジア最終予選は29日、大阪市内で開幕。4大会連続の五輪出場を目指すなでしこジャパンは、初戦でオーストラリアに1―3で敗れ、まさかの黒星発進となった。

 前半に2点を失い、前半終了間際の47分にFW大儀見のゴールで1点差としながら後半33分にも失点。重要な初戦を3失点で落とした佐々木則夫監督(57)は「皆さんの期待に沿うことができなかった」と厳しい表情を浮かべた。

 「我々にもチャンスはあったと思うんですけれども、ゴール前での決定力でオーストラリアがまさったということ。決してチャンスがなかったわけではなく、そんなに悪い戦いではなかったが、相手の攻撃の決定機を防ぐことができなかった」と佐々木監督。

 3月2日には早くもライバル韓国と対戦するが、「切り替えて、もう1戦も落とせないという気持ちで戦うしかないですね」と必死に前を向いた。

[ 2016年2月29日 22:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月17日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム