PR:

DF植田が千金弾!日本、北朝鮮下し6大会連続五輪へ白星発進

<日本・北朝鮮>前半5分、先制ゴールを決めた植田

 サッカー男子のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU―23アジア選手権第2日は13日、カタールのドーハで1次リーグ4試合が行われ、B組の日本は北朝鮮を1―0で下し、6大会連続10度目の本大会出場に向けて白星スタートを切った。

 日本は前半5分、右CKからファーサイドのDF植田(鹿島)が右足でボレーで先制。最初のチャンスを生かした日本はその後、北朝鮮の激しいチェックとロングボールに苦しみながらも1―0とリードを守って前半を折り返し。

 後半の立ち上がりはペースをつかみ、相手ゴールに迫るシーンもあったが、追加点が奪えず。中盤以降は再び北朝鮮に押し込まれる時間が長く続いたものの、粘り強く守って何とか1点を守り切った。

 大会には16チームが参加、4組でのた1次リーグ各組上位2チームが準々決勝に進出。上位3チームが五輪出場権を獲得する。日本は16日にタイ、19日にはサウジアラビアと対戦する。

[ 2016年1月14日 00:20 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:01月16日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム