PR:

【J1注目株】FC東京・前田、愛着よりタイトル求めて新天地へ

悲願のリーグ優勝目指して、J2磐田からFC東京に移籍したFW前田

 悲願のリーグ優勝を目指す今季、FC東京に絶対不可欠な存在となりそうなのが、J2磐田から加入したFW前田遼一(33)だ。フィッカデンティ監督就任1年目の昨季、守備力は前年の47失点からリーグ4位タイの33失点と飛躍的に改善。一方で攻撃力は前年の61得点から6位タイの47得点と数字を下げ、課題を残した。その決定力を改善するために指揮官が白羽の矢を立てたのが、J1で過去2度の得点王に輝くなど日本人屈指のストライカーとして君臨する前田だった。

 前田自身にとっては今回が初の移籍。プロ入り以来15年過ごした地を離れることは、決して簡単な決断ではなかった。「本当に何度も悩んだ。いろんな人にも相談しました」。言葉数は少ないが、強い気持ちを内に秘め、人一倍責任感の強い前田。愛着が強い磐田をJ2降格から最短1年でのJ1復帰に導くことができず、相当な?藤があったのは想像に難くない。それでも「もう一度強いチームでタイトルを獲りたい」という気持ちが移籍へと突き動かした。

 そんな前田を新しいチームメートもサポートする。初顔合わせとなった今季の始動日。選手会長のDF吉本はミーティングで「前田選手もいじっていいですか?」と前田が新しい環境になじめるように一肌脱いだ。「滑ったらどうしようかと思ったけど、みんな笑ってくれたので良かったです」と吉本。このひと言で一気に距離が縮まった。

 前田は2月22日のJ2福岡とのプレシーズンマッチで太田のクロスからゴールを決めるなど早くも真価を発揮。フィッカデンティ監督も「昨季はチャンスはたくさんつくったけど、最後の15メートルで決定力に欠けた。だから前田を獲った」と大きな期待をかける。「獲ってもらったので結果を残したい」。前田が2年ぶりのJ1舞台で暴れる。

 ◆前田 遼一(まえだ・りょういち)1981年(昭56)10月9日、兵庫県出身の33歳。00年に暁星高から磐田に入団。09、10年には2年連続でJ1得点王。今季からFC東京に加入。代表はU―18から各年代で選出され、07年8月22日のカメルーン戦でA代表デビュー。国際Aマッチは33試合10得点。1メートル84、79キロ。利き足は右。既婚。血液型はAB。 

[ 2015年2月28日 07:45 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月18日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム