PR:

ラウドルップ氏に2年契約用意 従来は4年も契約内容細分化

日本代表新監督候補のラウドルップ氏

 次期日本代表監督の選定を進める日本サッカー協会が本命候補のミカエル・ラウドルップ氏(50=カタール1部ラフウィヤ監督)に対し、オプション付きの2年契約を用意していることが21日、分かった。日本協会では近日中にも臨時技術委員会を開催し、後任候補を一本化する。ラウドルップ氏とは3年後の18年W杯ロシア大会を見据えた契約合意を目指す。

 日本サッカー協会が次期代表監督の本命候補、ラウドルップ氏に対して用意している契約の一端が判明した。複数の関係者によれば、延長オプション付きの2年契約。推定年俸はアギーレ前監督、ザッケローニ元監督ら、歴代指揮官と同等の2億円前後になる見込みという。

 日本代表監督の選定作業を進める技術委員会ではアギーレ前監督の解任後、契約形式を一部見直す方針だ。「従来のように最初から(W杯開催年までの)4年と決めるのではなく、2次予選、最終予選と1年区切りで評価もしていく」と話す。契約に盛り込む査定など、条項は従来よりも細分化される。その上で、ラウドルップ氏には3年後のW杯ロシア大会も見据えた2年契約を提示し、口説き落としたい意向だ。

 日本協会の霜田技術委員長は、既にラウドルップ氏が拠点を置くカタールを訪問。身辺調査、意思確認などを終え、21日に羽田空港着のパリ便で帰国した。この日は報道陣の問いかけに応じなかったが、近日中に臨時技術委員会を開催、正式に候補を一本化し本格交渉に入る。6月までラフウィヤと契約を残すラウドルップ氏と、3月27日のチュニジア戦までの契約成立には違約金を伴う。違約金を支払い合意を急ぐか、カタールのシーズンが終了する5月以降の契約とするのか。そこが今後の焦点となるが、協会内部には5月以降の契約を推す声もある。

 候補リストには、W杯ブラジル大会でポルトガル代表を指揮したパウロ・ベント氏らの名も挙がる。欧州勢との交渉が難航した場合は、現パルメイラス監督のオリヴェイラ氏も候補となる。だが技術委員会は早くから本命=ラウドルップ氏で下交渉を進めている。オプション付きの2年契約でデンマークの英雄の招へいを目指す。

[ 2015年2月22日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ