PR:

シティーGが日本法人検討 J1横浜株買い増しへ

 J1横浜の株主で、イングランドの強豪マンチェスター・シティーなどを傘下に置く英国のシティー・フットボール・グループ(CFG)が2015年夏をめどに日本法人設立を検討していることが31日、関係者への取材で分かった。Jリーグは外資でも国内法人を有する場合は過半数の株式取得を認めており、買収も可能になる。

 CFGは米国やオーストラリアのクラブの経営権を持ち、横浜の株も約20%を保有する。大半を持つ筆頭株主の日産自動車と買い増しの協議などのため、日本に常駐のスタッフを置く。

 横浜は14年5月にCFGと提携して以来、経営や育成のノウハウ、監督や外国人選手の選考で情報提供を受けている。クラブ内には資本力増強といったメリットが得られる場合はCFGの保有率を上げるべきだ、との声もある。嘉悦朗社長は「現在はまだ提携の実績を積み重ねている段階。今後については慎重に検討している」と話した。

 国内企業に支えられるクラブは資金調達で頭打ちの状態が続いており、JリーグはCFGが外資の参入のモデルケースになる可能性があると見ている。

[ 2014年12月31日 18:14 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月18日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム