PR:

元日本代表・奥大介氏が死去 38歳、宮古島で交通事故

奥大介氏

 サッカー元日本代表選手の奥大介(おく・だいすけ)氏が17日、沖縄・宮古島で交通事故のため死去した。38歳。兵庫県出身。

 奥氏はこの日未明、宮古島市の県道で運転していた軽乗用車が電柱に衝突、搬送先の病院で死亡が確認された。

 奥氏は神戸弘陵高を経て1994年に磐田入り。98年10月の国際親善試合エジプト戦で日本代表に初選出された。磐田時代には2度のリーグ優勝に貢献し、2002年に横浜に移籍した後も03、04年に司令塔としてリーグ優勝の立役者となった。

 07年に横浜FCに移籍し、同年に引退。11年から横浜FCの強化部長を務めていたが、関係者に「もう疲れたわ」と漏らすなど体調不良を訴え、12年12月にテクニカルアドバイザーに転身。しかし、その後も体調は回復せず、13年1月末に一身上の都合で退職していた。

 女優の佐伯日菜子(37)と02年に結婚。2女をもうけたが、13年に離婚した。

[ 2014年10月17日 12:58 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月18日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム