PR:

傘1000本で巨大ボールのアート 大阪・鶴見区でW杯成功願う

W杯ブラジル大会成功を願い、大阪市立榎本小の校庭に作られたサッカーボール形の巨大アート。児童らが千本以上の傘を使って完成させた=31日午後、共同通信社ヘリから

 白と黒の傘で描き出した大きなサッカーボールが出現―。6月に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会の成功を願って、大阪市鶴見区の市立榎本小の校庭で31日、児童や保護者ら約320人が千本以上の傘を使ったサッカーボール形の巨大アート作りに挑戦した。

 ボールの直径は約25メートル。白い傘は地面に置かれ、児童らが「ワールドカップ頑張ろう」の掛け声とともに黒色の傘を差して完成させた。

 ポルトガル語で「サポート」を意味する「Apoio!」の文字が赤い傘で表され、青色の「GOAL」の文字も。

 使われた傘は地元で6月1日に開かれる祭りで1本200円以上で販売され、売り上げはブラジルの貧しい子供が教育を受けられるように支援する団体などに寄付する。

[ 2014年5月31日 18:01 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月13日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム