PR:

J3に22歳以下選抜の参加検討 若手の公式戦経験求める

 Jリーグが来季発足するJ3に、J1とJ2から22歳以下(U―22)の選手を集めた選抜チームの参加を検討していることが1日、日本サッカー協会とJリーグ関係者の話で分かった。

 出場機会を得られない若手に公式戦を経験させることが目的で、秋ごろまでに参加の可否を決める。参加した場合、日本フットボールリーグ(JFL)と地域リーグから手続きをした19クラブは、残りの11枠を争うことになる。

 日本協会やJリーグが資金を供出する異例の方式で運営し、各クラブがU―22選抜への参加を認めた登録選手から編成、本拠地を持たずに全試合アウェーで戦う案を検討している。

 J3に通常の外国人選手枠とは別に、Jリーグがパートナーシップ協定を結ぶタイ、ベトナムなどの選手を獲得できる「提携国籍選手枠」を設ける方針も固めた。

[ 2013年7月1日 21:09 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月16日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム