PR:

日本代表11月独遠征浮上 VSドルトで香川“凱旋”も

 日本代表が11月にもドイツ遠征する計画が26日、浮上した。アルベルト・ザッケローニ監督(59)は来年に迫ったW杯ブラジル大会に向け、アウェーで欧州強豪との強化試合を行うことを希望。FIFA(国際サッカー連盟)ランク2位のドイツはW杯欧州予選でプレーオフに回らない限り、11月の国際Aマッチデーのスケジュールが空いており、白羽の矢を立てた。

 ザッケローニ監督はかねてイタリア、スペイン、ドイツなど、欧州の強豪とアウェーで強化試合を組むことを希望。各国のスケジュールを照らした上でドイツが第1候補に浮上した。ドイツ協会関係者によれば、会場もドルトムント、デュッセルドルフ、ゲルゼンキルヘンなど、日本人居住者の多いドイツ北西部が候補に挙がっているという。ドルトムントでの試合となれば、昨夏、マンチェスターUに移籍した香川真司にとっても華麗なる“凱旋マッチ”となる。

[ 2013年3月27日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月18日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム