PR:

大仁会長 J秋春制移行を楽観「中断期間を入れてできるのでは」

 日本サッカー協会の大仁邦弥会長は8日、Jリーグが現行の春秋制から欧州で主流の秋春制にシーズン移行を検討していることについて「Jリーグでも変えた方がメリットは大きいとの結論が出ている。雪国のピッチの問題が一番大きいが、(1、2月に)中断期間を入れてできるのでは」と、楽観的な見通しを示した。

 欧州では逆に、欧州クラブ協会会長を務めるバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)のルンメニゲ社長が春秋制の導入を提言。国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)も検討していると伝えられたが、大仁会長は「欧州の総意ということではないようだ。スペインなどの意見は入っていない」と述べた。

[ 2013年3月8日 17:36 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:12月15日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム