PR:

鵬翔 宮崎県勢初の日本一!京都橘と死闘110分、PK戦で決着

初優勝を果たし、表彰式で喜ぶ矢野(右端)ら鵬翔イレブン

 第91回全国高校サッカー選手権は19日、降雪で延期となった決勝を東京・国立競技場で行い、鵬翔(宮崎)が2―2からのPK戦を5―3で制し、京都橘(京都)を下して初優勝を果たした。宮崎県勢の優勝は初めて。

 PK戦で優勝が決まったのは第83回大会の鹿児島実以来(相手は市船橋)8年ぶりとなった。

 京都橘は前半41分、ゴール前のこぼれ球に反応したDF林(1年)がペナルティーエリア手前から右足でグラウンダーのシュート。GKは反応したが防ぎきれず、京都橘が先制点を挙げた。

 鵬翔は後半4分、セットプレーで追いつく。左CKからDF芳川(2年)が打点の高いヘッドを叩き込み、1―1の同点に。しかし同19分、京都橘は左サイドを抜け出したFW小屋松(2年)がゴール前にクロスを入れると、FW仙頭(3年)がワンタッチで押し込んで勝ち越し。鵬翔は同39分、DF日高(3年)が倒されて得たPKを主将のDF矢野(3年)が右足できっちり決め、再び試合を振り出しに戻した。

 試合は2―2で前後半10分ずつの延長戦に突入したが、両校とも得点を挙げられず勝負はPK戦へ。PK戦では全員が決めた鵬翔に対し、京都橘は1人目の主将・仙頭が失敗した。

 決勝は14日に予定されていたが、首都圏を襲った爆弾低気圧による大雪の影響で延期となっていた。

[ 2013年1月19日 14:39 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月21日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム