PR:

G大阪主力流出 川崎Fが中沢を獲得「強い覚悟を持って」

 川崎Fは8日、J2に降格するG大阪のDF中沢聡太(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 契約期間は2月1日から3年間。中沢は柏、FC東京を経て2007年、G大阪に移籍。08年にはレギュラーの座をつかみ、チームのACL制覇、天皇杯優勝などに貢献した。12年はケガで4カ月の戦線離脱を余儀なくされたが、G大阪はJ2降格による初の主力流出となった。

 中沢はクラブを通じて「川崎からもらった熱い想いを、強い覚悟を持って、チームのために戦います。皆さんタイトルを取りましょう!!」とコメント。G大阪からは「ガンバで過ごした6年間の様々な経験は、決して忘れることが出来ない、かけがえのないものとなりました。試合に出ているときも出ていない時も、僕に勇気を与えてくれたのは、サポーターの皆さんです。有難うございました。チームは変わりますが、ガンバにたずさわった選手として、恥じないように日々全力で取り組んでいきます」と談話を発表した。

 また、川崎Fは札幌のMF山本真希(25)も完全移籍で獲得した。期間は2月1日から2年間。山本はクラブを通じて「一日でも早く川崎のサッカーに慣れ、チームの勝利に貢献できるよう全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします」とコメントした。

[ 2013年1月8日 14:17 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月17日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム