PR:

0-4も「楽しめた」本田、ブラジルに孤軍奮闘

<日本・ブラジル>自身初めて対戦するブラジル相手に奮闘する本田(左)

国際親善試合 日本0-4ブラジル
(10月16日 ウロツワフ)
 ザックジャパンが世界の厚い壁に阻まれた。日本代表は16日、ポーランドのウロツワフでブラジル代表と親善試合を行い、0―4で大敗した。右ふくらはぎ打撲のため12日のフランス戦を欠場した本田圭佑(26=CSKAモスクワ)は1トップで先発。両チーム最多の5本のシュートを放ったが無得点に終わった。ザッケローニ体制ではワースト失点での零敗にも、本田は手応えを口にして敗戦を糧にすることを誓った。

 ブラジル選手と握手を交わすチームに加わらず、本田が視線を落として足早にピッチを後にした。ザックジャパン発足後ワーストの4失点での零敗。自ら出場した試合の不敗記録も「17」で止まった。「想定外。さすがに0―4とは、あそこまで差が開くとは思わなかった。でも何か不思議にうれしくて。サッカーやってて、久しぶりにこんなに楽しめた」。世界との差を痛感して複雑な思いが交錯していた。

 10年W杯南アフリカ大会パラグアイ戦以来、先発で1トップの位置に入った。12日のフランス戦は右ふくらはぎ痛で欠場。試合前々日の14日から全体練習に合流したばかりだったが、ケガの影響は感じさせなかった。ザッケローニ監督は1トップ起用について「前線で相手に的を絞らせないようなプレーをして、サイドの選手のペナルティーエリアへの進入を狙った」と説明したが、本田は「1トップと言うより、0トップのイメージ」だった。「良い形でゴールに迫れるところもあった」と言うように、最前線でボールをキープし、香川や清武ら2列目の飛び出す時間をつくった。前半9分には香川との連係から左足シュート。後半26分にはジャンピングボレーを放つなどチーム最多5本のシュートを放ったがゴールは遠かった。

 自身初のサッカー王国との対戦で大敗しても悲観していない。「勝ったら勝ったで偉そうにできて良かったかもしれないけど、これで勝ったなら、この先、面白くない。こういう相手を負かすためにまた頑張ろうと思った」。G大阪ユースに昇格できなかった高校時代、3戦全敗に終わった北京五輪…。常に逆境を乗り越えて成長してきた。山は高ければ高いほど良い。本番は2年後。ポーランドで味わった屈辱は、ブラジルで返すしかない。

[ 2012年10月17日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:02月22日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム