PR:

W杯ロシア大会組織委 モスクワ、ソチなど11都市を発表

 国際サッカー連盟(FIFA)と2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会組織委員会は29日、同大会の開催都市として首都のモスクワ、14年冬季五輪を開く黒海沿岸のソチなど11都市12競技場を発表した。

 モスクワは2008年の欧州チャンピオンズリーグ決勝が行われたルジニキ競技場など唯一2競技場で開催する。ロシア第2の都市サンクトペテルブルク、中部のエカテリンブルク、西部のニジニーノブゴロドや飛び地カリーニングラードなどが決まった。

 FIFAは候補都市の現地調査を行い、28日の理事会で決めた。11都市はロシアのテレビ番組で発表された。

 FIFAのブラッター会長は「今回の発表はロシア大会開催に向けた最初の具体的なステップだ」と語った。(共同)

[ 2012年9月30日 19:04 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月23日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム