PR:

日本“豪華布陣”も実らず…ウズベキスタンに敗れる

<日本・ウズベキスタン>後半、先制ゴールを許し肩を落とす日本イレブン

 サッカーのW杯ブラジル大会アジア3次予選C組の日本は29日、愛知・豊田スタジアムでウズベキスタンと対戦。0―0で迎えた後半9分に失点して0―1で敗れた。日本は同組2位で6月からのアジア最終予選に進むことになった。

 日本は欧州組12人を招集。先発メンバーは1トップにハーフナーを置き、トップ下は香川、両サイドバックに内田、長友を配するなど11人中8人が欧州組という豪華な布陣。香川や岡崎、長友らの働きで再三チャンスをつくったが、決定力を欠き、得点に結びつかなかった。

 日本は後半9分、ウズベキスタンのカウンターからシャドリンにゴールを決められて先制を許してしまう。同15分に乾、同21分には李を投入したが、流れを変えることはできなかった。

 代表初選出された19歳の宮市はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

[ 2012年2月29日 21:29 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ