PR:

ソウル市長 南北サッカーを提案

 韓国の朴元淳ソウル市長は31日、新年の辞を通じ、同市と北朝鮮・平壌市で相互にサッカー大会を開催することや、ソウル市立交響楽団の平壌公演を提案した。近く南北の関係当局に申請を行う方針。聯合ニュースが伝えた。

 朴市長は2011年10月のソウル市長選で、無所属の野党統一候補として当選。提案は、12年4月の総選挙と同12月の大統領選をにらみ、北朝鮮に融和的な野党勢力を後押しする狙いがありそうだ。

 両市はかつて「京平サッカー大会」を開催。同大会は日本の植民地支配下の1929年に始まり、解放直後の46年まで続いた後、南北分断で中断した。(共同)

[ 2011年12月31日 18:22 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月20日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム