PR:

吹田市とG大阪が新スタジアム建設で基本協定

 大阪府吹田市は29日、同市の万博記念公園内に新スタジアムを建設予定のサッカーJ1のG大阪とスタジアム建設に関する基本協定を結んだと発表した。

 協定は25日付。同市議会で新スタジアムを寄付として受け入れる議案が可決された場合、G大阪を、スタジアムを管理運営する指定管理者に定めることなどを盛り込んでいる。

 両者間で負担が問題になっていた、スタジアムの管理費や大規模修繕費については、G大阪が負担すると明記。同市によると、スタジアム完成時までに基金を創設し、G大阪が年間5千万~6千万円を積み立てて大規模修繕費に充てる。

 同市はスタジアムの寄付を受け入れる議案を12月議会に提出する予定で、可決されればスタジアム建設募金団体がサポーターなどから募金を集め始める。

[ 2011年11月29日 19:24 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月21日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム